消防設備点検のお悩みを解決

消防設備点検のお悩みを解決

消防設備点検のことでお悩みはありませんか? 東京町田の鶴間防災システムは、火災報知機や誘導灯、連結送水管など様々な消防設備の点検・工事を承っている防災設備施工会社です。こちらでは、皆様から寄せられるお悩みへの対応についてご案内します。

  • 消防署からの改善勧告があった
  • オーナー・管理事務所からの見積もりが妥当か分からない
  • 建物の用途が変更になる
  • 点検や工事の際にやるべきことは?

消防署からの改善勧告があった

所轄の消防署から、消防設備に関する改善勧告が送られてきました。どうすればいいのでしょうか?

鶴間防災システムの回答

勧告書は、消防設備が基準を満たしていない場合や、防火対象物の防火管理が十分でない場合に、管理者などに対して送付されます。この勧告に従わず放置した場合、罰金などが発生することがあるばかりか、人命が危険にさらされ続けることになります。そうならないためにも、一日も早く、「消防設備士」が在籍する消防設備点検業者へ相談しましょう。

改善勧告が来ている場合、多くは消防設備点検のあとに設備の修理・交換などが必要になります。鶴間防災システムは、点検から工事までトータルサポートできる防災会社です。安心してご相談ください。

オーナー・管理事務所からの見積もりが妥当か分からない

オーナーから各テナントへ消防設備点検の見積もりが提示されたが、金額が適正かどうか分からない

鶴間防災システムの回答

提示された見積もりが適正かどうか、あるいは相場と比べてどうなのか不安がある場合は一度ご相談いただければと思います。当社では現場調査・見積もりを無料で承っており、改めてお見積もりをご提案させていただくことも可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

建物の用途が変更になる

オフィス用のテナントビルを別の用途で利用しようと考えているのですが、必要な消防設備も変わるのでしょうか?

鶴間防災システムの回答

不特定多数の人が出入りする建物は、「政令で定める防火対象物」として、用途、収容人数、面積によって必要な消防設備、防火管理者や各種届け出義務の有無などが変わってきます。建物の用途が変わることで、消防設備を見直す必要が出てきますので、まずは当社までご相談ください。設備等が不十分な箇所を適切に整備いたします。

点検や工事の際にやるべきことは?

消防設備点検を検討しているのですが、こちらでやるべきことはあるのでしょうか?

鶴間防災システムの回答

消防設備点検の際には、各種書類の作成と届出が必要になります。これらは、建物の規模や用途によって変わりますので、点検業者に確認するといいでしょう。鶴間防災システムでは、各種書類の作成・届出のサポートも行っていますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら 0120-042-795 営業時間 10:00~18:00/土・日・祝日を除く